*

消費者金融のウソ・ホント

前置きとして、ある人が破産を手続きするまでは返済者個人に対する電話を使用しての借金取り立てと、債務のあるその人の住んでいる家への訪問によった回収は法律無視ではないと考えられます。

 

とくに、破産申請の事務手続きに入ったあと申し込みまでに余計な時間が費やされてしまったケースでは債権保持者は強引な収集を実行する割合が上昇します。

 

債権保持人サイドにとっては債権の支払いもされずに重ねて破産などの正式な対処もされないといった状況であると組織内部で対応を実行することができないからです。

 

そして、債権者の一部は有資格者に結びついていないと気づいたなら、相当きつい取り立て行為を繰り返してくる会社もいるようです。

 

司法書士事務所か弁護士法人に助けを求めた際には、債権保持者は債務者に対して直接回収を行うことが不可能となります。

 

相談を把握した司法書士の担当者あるいは弁護士の人は業務を受けたと書かれた通達を各取り立て会社に送ることとなり、受領したとき被害者は取り立て屋からの乱暴な返済請求から免れるという流れになります。

 

ここで、企業が親の家へ訪問しての収金は貸金業法のガイドラインで禁じられています。

 

貸金業であって登録が確認できる会社であれば仕事場や父母宅へ行っての返済要求は法律に反しているのを知っているので、違法であると伝達してしまえば、法外な徴集を維持することはないと思います。

 

破産の申請後は申立人に対する徴集を含んで、例外なしに収金行為は不許可になります。

 

ゆえに、取り立て業者からの取り立て行動はすっかり消えるわけです。

 

しかしながら中にはそれを分かっているのにやってくる取り立て業者も存在しないとは思えません。

 

貸金業の登録が確認できる企業ならば破産に関する申し立ての後の取り立てが貸金業法規制法の条項に違反しているのを分かっているので、その旨を伝達してしまえば、そういう類の返済要求をやり続けることはないと思います。

 

ただ裏金と呼ばれる登録しない取り立て業者においては、強引な取り立てなどが原因の被害者が増え続けている状況です。

 

闇金融が取立人の中に存在している場合はどんな場合であれ弁護士の人もしくは司法書士グループなどの専門者に助けを求めるようにする方がいいと考えます。



コメントする